わかりあえない、認め合えないときはこのように考えてみよう!

 
こんにちは、ほんだです。
 
スポンサーリンク
 
子どもが接していると子どものしていることを
ついつい「良いか悪いか」で判断しがちです。

この「良いか悪いか」で判断することに僕は最近疑問を感じるようになってきました。
なぜから「良い悪い」の判断は人によって違うからです。

例えば、最近息子がたまに食べ物(みかん、りんご)を投げることがあります。
そんな時「食べ物を投げたらいけない!」と言いたくなる自分がいます。

でも、そんな時にもう1人の自分が思うのです。
「じゃあ、節分の豆まきもダメじゃん。食べ物投げてるから」と。

もし、子どもがこう言ってきたときに、自分はきちんと説明できません。
ですから、僕は頭ごなしに子どもに「ダメ」とは言えませんでした。

でも、食べ物を投げることはやめてほしいので、こんな風に言います。
「食べ物投げると、お父さん嫌だからやめてほしいなぁ。みかんさんもきっと痛いよ」と。

息子の行動を頭ごなしに「悪いこと」と判断してやめさせようとするより、
「自分はこう思うから、こうして欲しい」と言う。

その方が伝わりやすいような気がします。

何より、相手のその行動を「悪いこと」と決めつけることは、
極端に言えば「自分は正しい(正義)、相手は間違ってる(悪)」と言っているのと同じこと。

「自分が正義」と思った瞬間、自分の意にそぐわないものはすべて「悪」になります。
正義を振りかざすことは一見素晴らしいことに見えますが、
その解釈が争いを起こし、戦争を生むような気がしてなりません。
かえって正義も悪もないほうが平和になるのではないでしょうか。

息子の話に戻りますが、
はっきりいって、人生は矛盾だらけ。人の価値観も様々です。

行き当たりばったりの「良い悪い」を語るくらいなら、
僕は単に「好きか嫌いか」で話したいと思います。

「良いか悪いか」は認めあえませんが、
「好きか嫌いか」ならきっと認めあえるでしょう。

【こちらの記事もオススメ】

「紙おむつなんてダメだよな!あんなのゴミになるだけ」と言った男性に対して一言!!
  こんにちは、ほんだです。     1年くらい前の話。 ある場所で、おむつなし育児の実践の発表しました。 発表後、ある男性が僕に声をかけてきて 「紙オムツなんてダメだよな。あんなのゴミ...

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] わかりあえない、認め合えないときはこのように考えてみよう!   こんに… […]

  2. […] わかりあえない、認め合えないときはこのように考えてみよう!   こんに… […]