受け入れられない時は、「抑える」のではなく「○〇す」

 
こんにちは、ほんだです。
 
 
スポンサーリンク
 
 
『過去を受け入れること』

言葉にするとたった一言ですが、
これを行うのはなかなか大変です。

「あの時、ああすればよかった。」
「もし、こうしていれば」
「あいつのせいで」
「自分のせいで」

受け入れようとした途端に、
そんな、色んな負の感情が無限に湧いてきます。

それは抑えようとしても決してなくなることはなく、
忘れようとしても、ふとしたことで、また思いだしてしまう。

自分を許し、相手を許した時、やっと受け入れ癒やすことができるのでしょう。

そして、その今まで自分の中で『マイナス』の存在だったその心は、
癒された瞬間に『プラス』の力に変わります。

まるでオセロをひっくり返したかのように。

【こちらの記事もオススメ】

うつ病の母がくれた愛情とは?
  こんにちは、ほんだです。     母は僕が小学校にあがるころに、 突然いなくなりました。   ある日、いつものように学校から家に帰ると母はいませんでした。 今も心の隅にその光景が残って...

 

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 受け入れられない時は、「抑える」のではなく「○〇す」   こんにちは、… […]