「辛い、苦しい、楽しくない・・・」その原因と対策をご紹介!!

 
こんにちは、ほんだです。

先日は「不安な気持ちと、その対処法」について書きました。

不安な気持ちの対処法をご紹介!「〇〇のことだけ考える!!」
    こんばんは、ほんだです。 突然ですが、あなたは「不安」ってありますか? 多分「不安は全くない」っていうことは ないのではないでしょうか? 不安の大きさの大小は様々だ...

 

 

スポンサーリンク

 

僕の中で不安についてはひとまず解決したので、

「楽になったかな」と思っていたら・・・・。

 

 

 

なんと、

もうひとつ重~い気持ちが心に残っていたんです。

それが、「辛い、苦しい、楽しくない」という3点セット(笑

 

 

 

 

 

 

なんかわからないけど、

「苦しくて、辛くて、楽しくなかったんです。

 

 

 

 

「苦しくて、辛くて、楽しくない」

これってなかなかキツイ状態です・・・・・。

 

 

もちろん100%すべてがこんな気持ちではないのですが、

50%くらい常に静かにこの三点セットが存在している感じで

 

 

 

一時的に楽しい気持ちになったとしても、

しばらくするとすぐに「辛い、苦しい、楽しくない」気持ちに

戻ってしまっていたんです。

 

 

 

てっきりこの3点セットって、

前回書いた「不安な気持ち」から

生まれていたのかなと思っていたんです。

 

 

が、

「不安な気持ち」が解消されても

この3点セットは

いなくなりませんでした。

 

 

どうやら、この3点セットは不安とは

別の原因によるものだということがわかりました。

 

 

 

そこで、

『おかしいな~、なんでこんなに

「辛い苦しい、楽しくない」気持ちになるんだろう?』

と思って探っていたところ・・・・・・・・

 

理由らしきものが見つかりました!

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

「焦っていた」

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

そう、「焦っていた」んです。

 

 

 

 

 

 

何に焦っていたかというと、

僕の場合は

「結果を出すこと」に焦っていました。

 

 

 

今、自分が取り組んでいることに対して

「すぐに結果を出さないといけない」と焦っていたんです。

 

 

 

特に他の人が結果を出しているのを聞くと、

さらに焦りは大きくなっていました。

 

 

ただでさえ焦っているのに、

プラス他の人と比べることで

さらに自分で焦らせてしまっていたんです。

 

 

 

でも、よく考えてみると、

そんなに焦る必要ってなかったんですよね。

今すぐ結果を出さないと死ぬわけでもない、

大変なことが起こるわけでもないんです。

 

 

それなのに

「今すぐ結果を出さないと、とんでもないことが起こる!!」

というくらいの緊迫感で焦っていたんです。

 

それはやっぱり周りと比べてしまったせいかもしれません。

ただ周りと比べること自体は

悪いわけではないと思います。

 

 

比べることで「よし、自分も頑張るぞ」というモチベーションになったり、

切磋琢磨しあえる仲間になったりもしますから。

 

 

 

ただ僕には周りと比べるのは

合わないのかなと思いました。

 

 

 

自分では「よくできた」と思っても、

周りがそれ以上にできていていると

「やっぱ自分は全然できていない」になってしまう。

 

 

 

最初はそれでも「あいつに負けないぞ」と思って頑張ってみるんです。

それで周りより結果が出たら確かに嬉しい。

 

 

 

ただ周りを見れば上には上がいて、

頑張れば頑張るほど疲れてしまう。

 

 

最初は取り組むこと自体や、

自分なりの結果を出すことが目的だったのに、

いつの間にか周りに負けないことが目的に変わってしまう。

 

 

 

競うこと自体が好きな人には多分すごく楽しいんだろうなと思います。

いつまでたっても競う相手が現れるんですから。

どんどん強い敵が現れて、それを倒していくみたいな。

 

 

 

ただ、僕はそこに楽しみを感じずに逆に疲れてしまうようです。

競うことや争うことがあんまり好きではないんでしょうね。

 

 

そんな競うことが好きではない僕が、

人と比べることをしたので、

余計に焦り疲れてしまったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

話は脱線してしまいましたが、

要は「辛い、苦しい、楽しくない」の原因は

「焦っていた」ことによるもののようでした。

 

どんなに好きなことでも焦ってしまうと、

楽しくなくなってしまいませんか?

 

 

例えば、

ディズニーランドのアトラクションに乗るのが好きだとしても、

「三時間以内に、全てアトラクションに乗らなくてはいけない。

できないととんでもないことが起こる」と

言われてしまったとしたらどうでしょうか?

 

 

 

多分どんなにディズニーランドが好きだとしても、

時間内に全てアトラクションを乗ることばかりに意識が奪われてしまい、

アトラクションを乗っていても焦って時間ばかりが気になり、

楽しめないのではないかと思います。

 

 

なので、

焦らないことって人生を楽しむ上で重要なのかなと思い、

焦るのをやめてみました。

 

 

『別に焦らなくても、今すぐ死んでしまうわけでもないんだし

 焦るの、やーめた!!』

 

 

すると・・・・。

 

 

すごくいいんです。

 

 

 

とても気分がいいし、

気持ちがすごく落ち着きました。

 

 

 

常にせかせかして、

常に追い詰められている感じから

解放された感じです。

 

 

 

実際の作業においても

確かに焦っていた時よりは

作業の「量」は減っているのですが、

作業の「質」は上がっているような気がします。

 

今までは時間に終われて

やっつけ仕事みたいになっていた作業が、

その作業を楽しむ心の余裕が出てきたり、

 

 

その余裕のお陰で新しい発見や、やり方が

見つかったりすることありました。

 

 

 

ただ、やっぱり一番嬉しいのは

「楽しい気分で作業ができる」ことでしょうか。

 

 

たとえ、多少作業が遅れても、

「楽しい気持ちで作業をすることには代えられない」

と僕は思いました。

 

 

なので、

このまま「焦らない」を継続していこうかと

思います。

 

 

 

このブログも心に余裕があるから

書けたんですよね。

 

 

そう考えると

しばらくブログを書いていなかった時期の

僕はやっぱりしばらく心の余裕がなかったんだなと

改めて思います。

 

 

 

ゴールに向かって進むのももちろん大事で、

結果が早くでることに越したことはないのかもしれませんが、

 

 

 

僕の性格としてはやみくもに速さを求めるより、

周りの景色を楽しみながら焦らず進んでいくほうが性に合っているようです。

 

 

 

もし、あなたも

「辛くて、苦しくて、楽しくない」時が訪れたら

 

 

 

『今自分は、焦っていないか?』

と、ぜひ自分の心に聞いてみてください。

 

 

 

結構、焦らなくても大丈夫なことだったり、

焦ってもどうにもならないことだったりします。

 

 

それがわかったら焦るの止めてみてください。

『別に焦らなくても、今すぐ死んでしまうわけでもないんだし

 焦るの、やーめた!!』

ってな感じで(笑

 

楽しい世界が見えてくるかもしれませんよ。

 

 

 

それでは、

長文にお付き合いいただき、

ありがとうございました!

 

 

■追伸■

先日、妻がラジオで

「ジャパネットタカタ」の高田さんが

話しているのを聞いたらしいのですが、

 

 

その中で高田さんは

「僕は過去を失敗くよくよしないし、

未来を心配もしない。ただ今日1日だけのことを考えている。

その積み重ねが結果的に良い一週間、良い一年になっていくんだと思う」

と言ってらっしゃったみたいです。

「今日1日を生ききる」のは

やはりいいみたいですね。

 

 

【こちらの記事もオススメ】

「毎日幸せ、いつも幸せになれる」、とっておきの方法をご紹介!
  こんにちは、ほんだです。 先日に不安と焦りについて書いたのですが、 その後についてです。 その後、心の調子がとても良くなり続いています。 やはり大きいのは、 「未来への...

 

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 「辛い、苦しい、楽しくない・・・」その原因と対策をご紹介!!   こん… […]