「性善説とは? 性悪説とは?」

こんにちは、ほんだです。

 

スポンサーリンク

 

「人は生まれつきは善だが、成長すると悪行を学ぶ」

という考えの『性善説』。

反対に「人は生まれつきは悪だが、成長すると善行を学ぶ」

とする『性悪説』があります。 

僕は人はそれぞれに良いところと、

悪いところがあると思っています。

「全て良い人」もいなければ、「全て悪い人」もいない。

さらに言うと、人それぞれの捉え方もあり、

同じ人でも、良くいえば「元気で明るい」、

悪く言えば「うるさい」という表現になってしまう。

人を支援する方法にしても、

「手を貸す」ことがいいこともあれば、

「手を貸さず見守る」ということが、

その人のためになることもあると思います。

しかしその判断が非常に難しい。  

あるCMにもありましたが全く同じことでも、

誰かにしたら「親切」、違う人にしたら「おせっかい」

ということもあるのですから。 

そうなると自分の行動が、「善」であると思っても、

他人からしたら「悪」であることもありえるわけです。

だとしたらそれは「善悪」ではなく

単に「価値観の違い」にしか過ぎない。  

もし、全ての人がその単なる「価値観の違い」を

認めあうことができたとしたら、

この世から善も悪もなくなり

争いのない世界に変わるでしょう。

 

 

【こちらの記事もオススメ】

「何のために生きる?」 その答えは〇〇のために!!
  こんにちは、ほんだです。     子どもの頃の夢ってなんだったでしょう? 子どもの頃は『プロ野球選手』、『ケーキさん』など 純粋に夢が溢れてきませんでしたか? それが年を重ねるに...

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

 

 

コメント

  1. […] 「性善説とは? 性悪説とは?」こんにちは、ほんだです。 「人は生まれ… […]