【「妻へのサプライズプレセントにしたい!」とリクエストいただいた1曲】

 
 

こんにちは、ほんだです。
いかがお過ごしでしょうか。

本日、ある男性の方からメールを一通いただきました。

「豪華なディナーを一人で食べるくらいなら」という曲に
感動してくださり、奥様にサプライズでプレゼントしたい。

ただ、海外在住のためCDでは間に合わないので
ダウンロード購入されたいとのことでした。

とても嬉しいリクエストで
早速ダウンロードページを作らせていただきました。

奥様へのサプライズプレゼントなんて素敵ですね。

実はこの「豪華なディナーを一人で食べるくらいなら」という曲。
僕も妻へ結婚式の時にサプライズとして贈った曲なんです。

よく結婚式で
「健やかなるときも、病めるときも愛しあうことを誓いますか?」
という言葉がありますが、
ある意味、この曲はそれ以上の思いを込めた誓いの歌です。

この曲を送ったのは2010年なので、それから7年経つことになります。

—————————————————-
豪華なディナーを一人で食べるくらいなら(歌詞)

豪華なディナーを一人で食べるくらいなら
缶詰めだけでもいいから君と食べていたいな
大事なのは「何を食べるか」ではなくて
「誰と食べるか」

大きくて広い家に一人で住むくらいなら
四畳一間でもいいから君と住んでいたいな
大事なのは「どこに住むか」ではなくて
「誰と住むか」

いつも二人がいいな 
いつもキミがいいな

仕事が忙しくて君と過ごす時間がないくらいなら
お金が減ってもいいから君と過ごす時間がほしいな
大事なのは「仕事の時間」よりも
「君との時間」

お互い自分を責めて黙ってしまうくらいなら
ケンカしてもいいから本音でぶつかりあっていたいな
大事なのは「答えをだすこと」ではなくて
「分かり合うこと」

いつも二人がいいな 
いつもキミがいいな

・・・・・・・・

—————————————————-

今回、改めて聞き直してみたのですが、
子どもが生まれたりして、
考え方が若干変わったりしている部分はありますが、
本質的は何も変わっていないと感じました。

今も結婚した時と変わらずこう思えるということは、
お互いにそれなりに良い関係を築けてこられてきたのかなと思います。

妻に対して
「もうこんな奴と一緒にいたくない!!」
と思うこともありますが(笑

いつか、
一緒にいたくても、いられなくなる日がきます。

その最後の日を

最大の悲しみと最大の感謝をもって

泣きながら笑いながら迎えられるように

僕は妻と生ききっていきたい。

そう思った一日でした。

それでは、
お読みいただきありがとうございました。

■追伸■

豪華なディナーを一人で食べるくらいならの曲を
聴いてみたい方はこちらからどうぞ

ダウンロード販売ページはこちら
http://omiso.cart.fc2.com/ca2/15/p-r2-s/

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

【前回の記事はこちら】

【夫婦関係の破綻?! 危機を救ってくれた ある1つの詩とは?】
  こんにちは、ほんだです。 週末はいかがお過ごしでしょうか? 僕は日曜日に息子とキュウレンジャーを観てから、 アイスクリームメーカーで手作りアイスを作っていました。 過去一番の...
スポンサーリンク

 

コメント