しつけが必要なのは子どもではない、僕の方だ

 
スポンサーリンク
 
ある日、息子が新聞をビリビリと破って遊んでいた。
それを見て僕はにこやかに微笑んでいた。

次の日、息子が昨日とまったく同じように新聞を破りはじめた。
それをみて、たまたま機嫌の悪かった僕は「まだ読むんだからダメ!」と怒った。
(しかも実はそれは口実で、実際に読むかどうかは決めていなかった)

息子としては同じことをしているのに、
昨日は大丈夫で、今日はダメではわけがわからない。

しつけが必要なのは息子ではなく、実は大人である僕の方なのだ。

【こちらの記事もオススメ】

「子供のおもちゃの取り合いが!」どうする?
    子どもを連れて託児室に行った。 託児室には子どもが一人(と保育者)。 息子はその子を多少気にしながらも一人で遊んでいた。 しばらくすると、その子がトラックのおもちゃで遊んでいると、 息子はその...

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] しつけが必要なのは子どもではない、僕の方だ     ある日、息子が新聞を… […]