選択できない時はこうして決めてみよう!

 
スポンサーリンク
 
何かを選択するとき、

自分の中での心の声100%の選択をすると良いという。

例えば、

「本当はAの方を買いたいけど、Bの方が安いからBを買った。

しかし、心の中で何か違和感を感じる時」

心の声はAを選択したいと思っているのが、

思考が介入することで、心の声とは違う選択をしてしまっている。

これを素直に心の声のままAを買うことができれば、

とてもすっきり気持ちよい感覚になったのだろう。

しかし、お金を使うことへの不安がそれを拒んだ。

実際にお金がない場合は仕方ないとして、

お金があってもそうしてしまう時は、

きっと「お金という鎖」で縛られている。

それを解いてみたとき、

見える心の景色はどんなものなのだろうか。

楽しみだ。

【こちらの記事もオススメ】

他人が嫌いな人へ ~他人に振り回されないためには?~
    他人の心は天気と同じで、 変えられるものじゃない。 変えられないものに怒り、 脅えていてもなんの解決にもならない 「人の心は変えられないもの」 と、割りきってみる。 ただ起こることに対しては ...

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] […]