おむつなし育児を実践してわかった メリット、デメリット

 
こんにちは、ほんだです。
 
 
スポンサーリンク
 
「おむつなし育児」という言葉を
聞いたことがあるでしょうか?

「おむつなし」と言ってもまったく
オムツを使わないというもので
はありません。

なるべくオムツを使わずに排泄
させてあげようというものです。

具体的には、子どもがおしっこし
たそうだなと思った時におまるや
洗面器の上にささげて(あてて)
あげるだけ。生後2か月から実践
しました。 
 
当時の絵日記 ↑

 
 
もちろん、生後2か月なので「おし
っこしたい」と喋ることはできません。

でも、なんとなく「おしっこしたそうだぞ」
と思った時にささげると、ちゃんとおしっ
こがでるのです。

それを繰り返していくと、親の方も表情
や仕草から、「おしっこしたい時」がより
わかってくるし、息子の方も「わかってく
れている」と感じて、よりわかりやすいサ
インを出してくれるような気がします。

そして何より、子どもの表情や仕草に敏
感になることで、子どもの体調の変化に
気づきやすくなります。

赤ちゃんの排泄のタイミングがわかるよ
うになると、育児がより楽しくなって親と
しての勘が磨かれていくようです。

結局、トイレトレーニングをすることもなく
、2歳くらいで排泄が自立しました。 

↓ ※1歳半くらいの頃

 

【おむつなし育児のデメリットについてはこちらからどうぞ】

「おむつなし育児のデメリット!?」もうおむつなしはやめようかなと思っていたら・・
こんにちは、ほんだです。 長男の時にハマッていた「おむつなし育児」。 おむつなし育児をやったことのある方は共感されると思うのですが、 おむつなし育児って、結構大変です。 確かにおしっこはおむつの外でしてくれる...

 

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

 

 

コメント

  1. […] おむつなし育児を実践してわかった メリット、デメリット   こんにちは… […]