子育てパパが、自信を無くしかけた時に救われた”妻の一言”とは?

 
こんにちは、ほんだです。
 
スポンサーリンク
 

息子が生まれてから2年半くらいはずっと、
息子が寝るときに妻の添い寝が必要でした。

たまに僕が代わりに息子を抱っこや添い寝しようとするのですが、
泣いて嫌がったり、「とーと(お父さん)いや~!!」
とはっきり言われてしまい、僕はどうすることもできず、
妻に任せることしかできなかったのです。

思い返せば、息子が生まれてすぐの時は、
妻が息子を抱っこしている時は泣かないのに、
僕が抱っこしたら泣くということが多くて、
育児への無力感で自信を失いかけることもありました。

そんな僕が落ち込んでいる時に妻が一言。

「赤ちゃんが泣いているのは、あなたが嫌だからじゃない。
それは単なる赤ちゃんのサインなんだよ。今はまだ息子は小さいから難しいけど、
あなたの頑張りがきっと報われる日がくるから、それまで頑張って」
と言ってくれたのでした。

妻のその言葉に僕はとても救われたのを今も覚えています。

そして、あれから2年半以上の月日がたち・・・・・・・。

息子が2歳10か月になった頃から、
僕の抱っこでも息子は夜に寝ていくようになりました。

そして昨晩の出来事、
僕が息子を抱っこで寝かせていると、突然
「とーと(お父さん)大好き~!!」と息子が言ったのです。

突然のことで最初はびっくりしましたが、その言葉はとても嬉しく、
「僕はやっと息子に認めてもらった」ような気がしました。

お返しに
「とーとも、〇ちゃんのこと大好きだよ」と言うと、
息子は恥ずかしそうに笑いながら、やがて夢の中へ・・・。

2年越しの思いが実った日でした。

【こちらの記事もオススメ】

「子育てと仕事の両立が難しい・・」そんな時、こうしたら良くなりました!
  こんにちは、ほんだです。     小さな子どもがいるとなかなか自分の仕事ができません。 子どもから目が離せなかったり、 仕事をしている時に泣きつかれたり、 しては困るようなことをされ...

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 子育てパパが、自信を無くしかけた時に救われた”妻の一言”とは?   こ… […]