「子育てにイライラ・・・!」 その原因を解明!!

 
こんにちは、ほんだです

 

スポンサーリンク

人は(僕は?)つくづく欲が出てくる生き物なのだなと思います。

 

 

僕は子どもが生まれたとき、

 

「君が元気にいてくれるだけで、それだけでいい」と

 

思っていました。

それが、子どもが大きくなるに連れて

「元気に育ってほしい」

「こぼさず食べてほしい」

などなど、いつの間にかどんどん出てきてます。

自分でも気づかないうちに

 

どんどん子どもに求めはじめているんですよね。

結果、小言が多くなる。

 

「片付けて」

「早く食べて」

「着替えて」

 

と”何かをさせよう”としているかと思えば・・・

 

「それはしないで」

「やめて」

「なんでそんなことするの」

 

など、”何かをさせないよう”にしたり、

 

 

 

言われた子どもののほうにすると、

 

やらせたいのか、やらせたくないのか

 

わけがわからないですね。

ただ、僕はそれは「子どものためを思って」のことだと思っていました。

 

「それがこの子のためだ」と思ってあれこれと言うわけです。

 

でも、、言うことを聞かなかった時に嫌な顔をしたり、

 

とにかく強制的にやらせようとしたりすることもあって。

 

 

それが本当に子どものためなのか、

 

僕自身やってみて凄く疑問に思ったんですよね。

終いには「あなたのためを思ってやってるのに」と腹を立てるわけで。

そうやって腹を立てることが本当に子どものためになってるのかなと。

 

僕が言われた方の立場になってみたら、

 

とても僕のために言っているとは感じないと思います。

 

本当に僕のためにと言ってくれていると感じるのは、

 

言うことを聞かないといってただ怒るのではなく、

 

きちんと説明して納得させようとしてくれる場合でしょうか。

 

だから

 

「つべこべいわず、親である私の意見に従いなさい!!」

 

みたいな感じで怒られている子どもを見ると、辛くなります。

 

なんか子どもの心が壊されているようで。

 

 

 

もちろん、親の意見や思いを伝えるのは

 

とても大事なことだと思います。

 

 

 

ただ、それ以上に子どもの言い分を

 

きちんと聞いてあげられる親でありたい。

 

そう思います。

 

 

 

それでは!!

【こちらの記事もオススメ】

「子供の言葉ってすごい!」 ある質問に答えた息子の返答に驚愕!!
    こんにちは、ほんだです。 いやいや、最近暑いですね。 いかがお過ごしでしょうか? 先日、車に乗っている時に 妻が4歳の息子にこんな質問をしてました。 「ねぇ、”空...

 

スポンサーリンク

 

コメント