三砂ちづる 「子どもを抱く喜びにひたって欲しい」

スポンサーリンク

こんにちは。ほんだです。

 

おとといの夜は、布団で娘を寝かせたら顔を痒がって泣くことが多く、

今夜も泣きだしたので、今日も膝で抱っこすることにしました.

 

最近、娘が泣くことが多く抱っこが必要な中で、

同時に息子も「かまってほしい」と、

やって来て気持ちがいっぱいいっぱい(マイナスな意味で)に

なってしまうことがあります。

 

そんな時いつも「きっとお母さんしている人はもっと大変なんだろうな」と思います。

 

そんな中、以前机の前に貼っていた一つの詩が目に入り、

思わず泣いてしまいました。

 

三砂ちづるさんの「子どもをいだく喜びにひたってほしい」という詩です。

——————————————-
「子どもを抱く喜びにひたって欲しい」
                       三砂ちづる

あなたはとても忙しいと思う。

慣れない幼い子どもとの日々に翻弄され
やってもやってもやるべきことが終わらない

家の中のあれこれにため息をつき、
まして外で仕事のひとつもしていれば、
なんで私だけがこんなにがんばらなきゃいけないのよと、
腹のひとつもたち、
穏やかにぐっすり眠ってとろとろと夢を見る、
ということ自体が、
どこか遠い世界のようの思うのかも知れない。

おむつもかえなきゃいけないし、
おっぱいもあげなきゃいけないし、
ちょっと大きくなったら
「ママおしっこ」と起きてくるし。

ああ、わたしは毎日忙しい。

ゆっくり夢をみること自体が「夢」
ゆっくり眠りたいだけ眠った、
なんていつのことだったかしら。

残念なことに、
とうか幸いなことに、
というか、時間というものはゆくりなく過ぎ、
いま、あなたがやっていることはあと数年と続かない。

彼らは学校に行くようになり、
あなたの知らないところで
あなたの知らないことをする時間が増え、
あなたは夜はもう少しよく眠ることができるようになる。

そうすると朝早くから起きて弁当のひとつも作り、
子どもの外のおつきあいの後始末などもしなければならなくなってくるけれど。

つまりはフェイズが移る。

私はもう50を過ぎている。

2人いる子どもは青年になり、
文字通り毎日どこで何をしているのやら。
見上げる青年になって、
私の知らない彼らの日常はまぶしい。

この人たちはもう私の「手の内」では生きていないのだ。

ときおり私は夢をみる、
夢の中には子ども達2人がよく出てくる。
その彼らは、けっして今のような「男に育った」彼らではない。
夢に出てくるのは幼い彼らだ。

お話ができて、
自分のひざにのってくれるくらいの子どもである彼ら。

おそらくあと50年生きても、
夢の中の私の子どもは、
この大きさであるに違いない。

あのね、ママ、あのね、と、
とても高い声で私を見上げ、
「つまらないこと」をいちいち聞きに来たリ、
報告したりする息子たち。

私がしゃがまないと、
彼らの視線とは合わず、
抱きしめれば腕に足り、
抱き上げれば、そのまま移動できる重さ。
私の手の届くところにいる彼ら。

おかあさん、
今あなたのひざにいるお子さんのなんといとおしいこと。

母として、
いちばんよい時期。
いちばん印象に残る時期。

あなたの子どもはいつもその大きさで、
あなたの夢の中で位置を占め続ける。

あなたが人生でつらいことがあった時、
あなたの子どもたちは、
そのような大きさであなたの夢の中に現れる。

それが現実と交錯する今こそが、
あなたの幸いでなくてなんであろうか。

涙ぐむようにして、
幼い子どもをかきいだく喜びにひたってほしい。

それはひとときの至福であり、
長き人生のうちで一瞬にして失われる、
人生の最も美しい時間だからである。


 

僕はこの詩がとても素晴らしいと思って、

たくさんの人にこの詩を届けたいと思い、

この詩に曲をつけました。

 

三砂さん本人にも聴いていただくことができ、

公開の許可もいただきました。

 

よかったらお聴きください

 

スポンサーリンク

 

コメント

  1. […] 泣かずにはいられない・・「子どもを抱く喜びにひたって欲しい」 […]

  2. […] 三砂ちづる 「子どもを抱く喜びにひたって欲しい」 こんにちは。ほんだ… […]