子供が嘘をつく理由とは?

 
こんにちは、ほんだです。
 
スポンサーリンク
 
ある対談で、
子どもの嘘について話していて、
その人はこんな風に言っていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「子どもの嘘は後天的なもの。
親の抑圧的な教育が嘘つきをつくる。

例えば『こうしなかったら、ご飯あげないよ』など。
親の望む通りにならないと罰がある。
そうなると嘘をついて満たすしかなくなる。

相手が期待することをすることが当たり前になっていく
ただ、それを心から信じ込まないといけないから、
それを真実だと信じ込んじゃう。
だから嘘つきには嘘をついている自覚がない。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑ 活字にするとニュアンスが伝わりにくいのですが、
だいたいこんな感じでした。

目の前の痛みから逃げるために嘘をつくのは、
ほとんどの方が経験があるかと思います。
(例えば、物を壊してしまったけど、
怒られるのが怖くて「壊していない」と嘘を言った、など。)

ただ、親の望むとおりにならないと罰があるような日常では、
子どもも、嘘をつくようになり、その自覚がなくなるのもわかる気がします。

そして、僕が一番心配するのは、親の期待に応えてばかりいると、
「自分の気持ちがわからなくなってなってしまうのではないか」ということです。

いつも、親の言うとおりにしていては、
自分の好きなこと、嫌いなこと、やりたいことは何なのか?
それを考える機会を失ってしまいます。考える前に親が答えを与えてしまうのですから。

僕が、最近したいと思うのは
子どもに「自分が何をしたいのか?何をしている時が幸せなのか?」
を見つけられるように導くことです。

かと言って、それは「君のしたいことはこれだよ」と
答えを教えるのではなく(例えそれが合っていたとしても)。
色んな選択肢を見せていくこと。
あくまで決めるのは子ども自身だと思っています。

ちなみに、現在3歳になる息子も、
僕が言っていない言葉を、
「お父さん、言ったでしょ」と言うときがあります。

息子はこれを嘘だとわかって言っているのか、
本気で思っているのか、もしくは僕の記憶喪失なのか
わかりませんが、この対談の話を心に留めておきたいと思います。

 

【こちらの記事もオススメ】

子育てに不安になったら、思い出してほしいたった一つのこと
  こんにちは、ほんだです。     「周りの子に比べて成長が遅い。」   「みんなと同じでないと不安」   「つい他の子どもと比べてしまう」など   子育てしていると 周り...

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

コメント