「こんな人と なんで結婚したんだろう・・・」 そう思ったら!!

 
こんにちは、

 

ほんだです。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最近、息子は早起きです。

 

寝る前に枕さんに向かって

 

「明日は7時に起こしてください」って

 

お願いしていますよ~。

 

 

 

 

娘は最近、

 

指しゃぶりが少し目立ちます。

 

こういうのって無理にやめさせようとすればするほど、

 

逆効果になることを体験しているので、

 

「まぁいつか、しなくなるでしょ」って気にしないようにしてます。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

スポンサーリンク

 

さて、

 

夫婦をしていると色んなことがありますよね。

 

良い時もあれば、時には悪い時も。

 

 

 

 

時には、腹が立ちすぎて

 

「あーあー、なんで、こんな人と結婚したんだろう・・」

 

なんて思ったりしたこともあります。(笑

 

 

 

 

要は自分のことは棚に上げて

 

人のせいにしているんですよね。

 

 

 

でも、こんな風にばかり思っていると、

 

ケンカが絶えないし、夫婦間も良くないので、

 

最近、意識していることがあります。

 

 

 

 

 

それは、夫婦間で起こることはすべて、

 

「パートナーのせい」ではなくて、「自分のせい」

 

と捉えるようにしたことです。

 

 

 

 

要は

 

「夫婦間で起こることは、

 

すべて自分に責任がある」

 

 

だから、

 

「「自分が責任をとる」

 

という風に覚悟を決めたということ。

 

 

 

 

文章ではイマイチ

 

伝わらないかもしれませんが。

 

 

 

 

 

夫婦ケンカが起こるのも

 

自分のせい。

 

 

 

 

 

夫婦仲が悪いのも

 

自分のせい。

 

 

 

 

”こんなパートナー”と結婚したのも

 

自分のせい。

 

 

 

 

だから、

 

「自分で責任をとって自分が行動して良くする」

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

結構、これって大変なこともあります。

 

油断すると、すぐパートナーのせいにしたくなっちゃう。

 

 

 

人のせいにするのって、

 

とっても楽ですよね。

 

 

「相手が悪いんだから~~」

 

と相手のせいにしていれば、

 

自分は何もしなくていいですから。

 

 

 

でも、

 

それだとずっと何も良くなっていかない。

 

 

僕は、多分それが我慢できない。

 

 

 

 

やっぱり、自分の中で

 

夫婦関係を良くしていきたい、

 

共に成長していきたい

 

という気持ちがあるのかなと思います。

 

 

 

 

 

 

妻はもちろん、子どもたちも、

 

せっかく縁あって、僕のところに来てくれたわけで、

 

楽しくない、仲が悪い家庭にしてたまるか!」って感じです。

 

 

 

 

だから

 

僕は夫婦で起こること、

 

そして家庭で起こることは

 

全て僕が責任を持ちいい方向に変えていく。

 

 

この頃はそんな気持ちです。

 

 

 

 

結婚式の日に妻に贈った

 

「豪華なディナーを一人で食べるくらいなら」

 

という曲。

 

 

この曲の中で

 

『お互い自分を責めて 黙ってしまうくらいなら

 

ケンカしてもいいから 本音でぶつかり合っていたいな』

 

という歌詞があるのですが、

 

 

 

 

本音でぶつかるのと、ケンカするのはまた別の話。

 

ケンカしなくても本音を言い合うことだってできるのだから、

 

わざわざケンカする必要はないよな~って心境が変化しています。

 

 

 

結婚から7年が過ぎ

 

こんな感じで細かい部分は当時から変化していますが、

 

この曲の芯の部分は妻が離れる時まで、ずっと変わらないでしょう。

 

 

 

 

 

それでは、今日はこの辺で!

 

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント