「腹が立つ!!」 そんな気持ちを楽にする ~私はあなたを〇〇します。私が〇〇になるために~

 
こんにちは、ほんだです。

 

 

人と接していると、楽しいこともあれば

 

嫌なこともでてきます。

 

スポンサーリンク

 

「なんで、あいつはあんなことを言うんだ!」

「あの態度に腹がたつ!」

 

 

すごく良い関係と思っていても、

 

たったひとつの相手の言葉や態度で

 

相手のことが嫌になってしまうこともある。

 

 

 

特に近しい人との間だと、

 

その落差は大きい気がします。

 

僕の場合は妻との関係で多いですね。

 

 

ところで、昔、こんな問題がありました。

 

———————————————

「私はあなたを〇します。私が〇〇になるために」

 

———————————————

さて、この〇には何が入るでしょう?

ぜひ考えてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

「私はあなたを(愛)します。私が(幸せ)になるために」

 

 

 

どうですか?

僕は最初こう思ったのですが、

 

実は正解ではなかったんです。

 

 

正解は・・・・。

 

 

 

 

—————————————————–

「私はあなたを(許)します。私が(自由)になるために」

—————————————————–

スポンサーリンク

 

どうでしたか?

 

 

僕はこの答えを聞いて「なるほど~」と思いました。

 

 

確かに相手を「許せない」という気持ちを持っている時、

 

自分自身も苦しくなり不自由な感じがします。

 

 

 

そして、相手を許したときには、

 

自分自身も自由になった感じがする。

 

 

 

相手に向かって出す「許せない」という負のオーラは、

 

自分から出ているのだから、

 

結局、自分が一番苦しむことになるのかもしれませんね。

 

 

 

 

ただ、

 

言葉では「許せばいい」ということはわかっていても

 

実際にはなかなかそう簡単に「許す」ということが

 

できないこともあるかもしれません。

 

 

 

 

時々、僕も「許せない気持ち」になることがあります。

 

 

 

以前は

 

「許せない自分はダメだ!」

と自己否定に向かうこともありましたが、

 

 

 

最近は

「そうか~、まだ自分の中にまだ、

人を許せない気持ちがあったんだなぁ」

と、最近は少し気持ちに余裕を持てるようになりました。

 

 

 

 

一度に「許す」ことはできなくても

 

少しずつ少しずつ「許せない気持ち」を手放していく。

 

 

 

 

その繰り返す過程が

 

自分の心を磨くことなのかもしれません。

 

 

 

 

そして、その心を磨くきっかけをくれたのは、

 

「許せない相手」です。

 

 

その真実を受け入れられた時、

 

その「許せない相手」は「感謝する相手」に

 

変わっているのでしょう。

 

 

それではまた!!

 

【こちらの記事もオススメ】

不安な気持ちの対処法をご紹介!「〇〇のことだけ考える!!」
    こんばんは、ほんだです。 突然ですが、あなたは「不安」ってありますか? 多分「不安は全くない」っていうことは ないのではないでしょうか? 不安の大きさの大小は様々だ...

 

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク