グッとくる言葉 「たとえ痛くても・・・」

 
 
こんにちは、ほんだです。
 
スポンサーリンク
 
先日、無理をして作業をしたら

腰を痛めてしまいまして・・・。

 
ここ数日はこれ以上腰を痛めないように、
 
かばうように無理せずに過ごしていました。
 
 
 
一応、動けないことはないのですが、
 
何もしていなくても痛みがあったので
「もっと悪くなったら困るな」と思ったからです。
 
 
 
そんな中、お世話になっている方から
 
本日、こんなことを言われました。
 
 
 
「僕なら、たとえ腰が痛くても、体が動くのなら仕事をするよ。
 
 
動くのに用心して動かない、なんて僕は好きじゃない。
 
 
まぁ、動かないなら仕方ないけど、動くのなら動く。
 
 
それが”生ききる”ということだと思う」
 

 
 
この”生ききる”という言葉。
 
 
久しぶりに心に刺さりました!!!!
 
 
 
実は最近、僕は

「そんなにガツガツ頑張らずにマイペースで楽しく」

 
みたいな感じでやっていたのです。
 
 
でもそれが、

どこか生ぬるい感じで

どこか気持ちがモヤモヤしていたんですよね。

 
 
 
 
特に、最近は子育てを理由に自分の心や行動に
 
ブレーキをかけることが多くて、
 
やることなすこと中途半端。
 
当然、結果も中途半端でした。

 
確かに”頑張らない”のは楽は楽なのですが
 
なんか毎日が不完全燃焼で面白くない。
 
 
反対に”頑張る”のは確かに大変で疲れますが、
 
その分、それ以上の充実感や達成感、喜びがあります。

 
「今日も一日頑張った!!」
 
この精一杯、日々を生きたあとの清々しさ、
 
充実感は僕の心の中に消えずに残っています。
 
 
スポンサーリンク
 
 
”生ききる”
 
 
この言葉はその時の思いを
 
また蘇らせてくれました。
 
 
 
 
明日の心配をして、
 
今日という日を中途半端に生きていては、
 
結局、永遠に中途半端なままで変わらずに
 
人生はやがて終わってしまう。
”無理しないように、怪我しないように”

そんなブレーキをかけて現状に甘んじている

人生で成長などありえない。

成長は自分の限界を超えたところにあるのだから。

 
もしかしたら、今回の腰痛は
 
このことを思い出させるために
 
神様が起こしてくれたのかもしれません。
 
 
 
 
それでは、また!!

 
【こちらの記事もオススメ】
 
http://kosodate-peace.com/koufuku-sennnou-uso/
 
スポンサーリンク

コメント