夫婦喧嘩 仲直りを繰り返すことにより、お互いに成長していける!

 
こんにちは、ほんだです。
 
 
スポンサーリンク
 

久しぶりに夫婦ケンカ(?)をしました。

その中での妻の口から出た言葉

「○○してくれない」。

僕にとって、この「~してくれない」という言い回しは、

とてもダメージが大きいのです。

最近ではそれを克服していたかと思いきや、

今回もしっかりとダメージを受ける僕。

ただ僕の中で

『もう夫婦ケンカはしない』

という自分との約束があったせいか、

「怒り」の反応は出ませんでした。

そのかわりに「悲しみ」が出ましたが・・。

 

自分は自分なりに一生懸命にやっているつもりだったので、

ひどく傷つけられた感じがしたのです。

 

「もうこの人(妻)とはやっていけない。もうダメかもしれない・・」

そう思い妻より先に寝ました。

 

次の日、

『何人たりとも自分を傷つけることはできない』

『傷つくことを自分が許可しているだけ』

という誰かの言葉を思いだしたので、

自分の心を「妻への非難」ではなく、(←非難したい気持ちは満々でしたが)

「自分の内面」を見ることに使ってみることに・・・。

 

ーー以下、自分の内面との対話ーーーーーーーーーーーーー

①なぜ自分は悲しんでいるのだろう?

自分は頑張っているのに、「○○してくれない」と言われたから悲しい。

②なぜ?

自分の努力を認められていない、否定されたと感じているから。

③なぜ?

自分の評価を人(妻)にゆだねている。

④なぜ?

「自分の評価を自分で決めることができない」という固定観念を持っている。

⑤じゃあ、どうする?

その固定観念を手放すことにする。そして、自分で自分の価値を決める。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こうやって自分と対話すると、

自分の価値は自分で決めていたつもりだったけど、

まだ決められていなかったことに気づきました。

 

それを気づかせてくれたきっかけをくれたのが、

妻だと考えると、妻には感謝すべきところなのですが、

なかなか悲しみの感情は簡単に切り替わりません。

 

とりあえず、悲しみをしっかり感じて・・・。

悲しみを感じた後に出てきた、怒りもしっかり感じて・・・・。
  
少しづつ気持ちが落ち着いてきて、

2日たって妻と和解。

 

僕が「今回はもうダメかもしれないと思った」というと、

妻も「私も今回はダメかもしれないと思った」と言ってました。

 

そして、これを書いている今やっと感謝できる心の状態にきました。(←ちょっとだけ)

どうもありがとう。(←ちょっとだけ)

でも、しんどかった~~~~~。

 

【こちらの記事もオススメ】

「傷つける人=気づかせてくれる人」の意味と理由とは?
こんにちは、ほんだです。 パートナーに言われた言葉で、自分が傷つき否定されたと感じた時はありませんか? この時、相手の言葉によって否定されたと思ってしまいがちですが、 ここで、少し違う解釈をしてみたいと思います。 ...

 

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] […]