「夫婦 別居生活」 体は離れても、〇〇は絶対離れるな!!

 
こんにちは、ほんだです。
 
 
妻と息子が里帰りをして、

2週間を過ぎました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

里帰りする前は、

「慣れない鹿児島で長期間過ごせるのか?」
「トイレ、大丈夫か?」
「テレビっ子になるんじゃないか?」

などと、息子のことで、
色々心配していたのですが、
何とかやっているようです。

 

妻とも、かなり意識して連絡を取り合っているので、
良い関係を続けられているかなと思ってます。

 

というのも、過去に失敗した経験があるからです。
数年前に、妻が里帰りをした時に
僕の仕事が大変だということを理由に、
妻からの連絡を拒否していたような時期がありました。、
その結果、妻に悲しい思いをさせて、
しまいにはには妻からの連絡がなくなり、
二人の間に溝を作ってしまいました。

今回は絶対にそんなことがないように!
と思い気をつけていました。

最初は何か電話していても
「何か話すことある?」などと、
どこかぎこちない部分もありましたが、
回数を重ねるうちにだんだんと、
無理なく自然に連絡を取り合えて
いる感じになっています。

夫婦一緒に暮らしていれば
嫌でも顔を合わすし、
嫌でも話さざるをえない時もあり、
強制的に向き合わされます。

しかし、夫婦の生活が離れていると、
ずっと話さずにいることも、
ずっと顔を合わさないことも可能。
向き合うことがぐッと減ります。

向き合わないままでは夫婦の絆は
強くなっていきません。
下手したら、「いないことが当たり前」。
「いないほうがいい」となってしまう
可能性もあります。

溝は深くなればなるほど、
埋めることが困難になってくるのです。

すっとパートナーと一緒にいようと
思っていないのであれば別にいいですが、
この先一緒にいようと思っているのであれば、
連絡はとりあうように気をつけたほうがいいと思います。

特に男性は注意です。
話すことがなくてもいいから、電話をしましょう。
多くの奥さんは電話の話す内容よりも、
「自分に対して気持ちが向いている」ということが嬉しいのです。
連絡もぜす、奥さんを寂しくさせていると
気づかないうちに、奥さんに愛想つかされる危険があります。
(僕がそんな感じでしたので・・)

と、いうわけで、今回は
「たとえ体は離れても、心は絶対離れるな!!!」と
いうことを、いつも以上に気合い入れて
お伝えしました。

 

【こちらの記事もオススメ】

 

夫婦喧嘩ばかり多い僕たちへ、息子からの手紙に書いてあったこと

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

コメント

  1. […]     【こちらの記事もオススメ】   「夫婦 別居生活」 体は離れても、〇〇は絶対離れるな!!     スポンサーリンク     にほんブログ村           […]