「不満が多い人の正体」 他人への不満=〇〇への不満

 
こんにちは、ほんだです。
 
 
スポンサーリンク
 

「自分はここまで頑張ってるのだから、
相手も自分のようにこれくらいは頑張ってほしい」
と、他人に対して不満な気持ちが出る時があります。

そんなことを思う時は、
だいたい自分自身が頑張れてなかったり、
結果をだせていないことが多いです。

単に「自分自身ができていないこと」に不満を感じているだけなのに、
それを「相手ができていないこと」のせいにしてその不満を発散しようとしているだけ。

自分自身が一生懸命やれて、結果も出ている時は気分がいいものです。
気分がいい時は、周りで他人が頑張っていようが、頑張っていなかろうが、
あまり気になりません。

こんな感じで、
「他人への不満」の原因は
実は「自分への不満」だったりするのかもしれません。

 

【こちらの記事もオススメ】

受け入れられない時は、「抑える」のではなく「○〇す」
  こんにちは、ほんだです。         『過去を受け入れること』 言葉にするとたった一言ですが、 これを行うのはなかなか大変です。 「あの時、ああすればよかった。」 「も...

 

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 「不満が多い人の正体」 他人への不満=〇〇への不満   こんにちは、ほ… […]