子育て日記 「2つの喜び」

息子が産まれてきて大きな2つの喜びがある。

 

1つは、もちろん息子が産まれてきてくれた喜び。

もう1つは妻の喜んだ姿を見る喜び。

 

初産ということで、妊娠中は不安でいっぱいだっただろう妻。

 

周りの「元気な子を産んでね」の励ましの言葉すらも、

「もし元気な子じゃなかったら…」とプレッシャーに感じていた。

 

その不安な表情は息子を産んだ今、

幸せいっぱいの表情に変わっている。

 

「息子が可愛い」と言って息子を見ているだけで、涙したり。

 

毎晩、1、2時間おきの授乳であまり寝ていないはずなのに、

そんな辛さを感じさせない優しい眼差しを息子に向けている。

 

これが母の愛情というものなのかなと思う。

産まれてきた天を優しい目で見つめる妻を見ていると

自分も同じくらい嬉しい。

 

やっぱり愛する人の喜びは

自分の喜びになることを再確認する日々です。

 

↓ 前回の子育て日記

子育て日記 「生かされている」

スポンサーリンク

コメント