「電車で赤ちゃんが泣き止まない・・」そんな時に救ってくれた一言。

子育てのこと

電車に乗っていたときの話

以前、ある知り合いの方が実際に体験された話です。

 

その方が電車に乗っている時、

同じ車内に仕事で疲れたようなお兄さん、

そして、その横に赤ちゃんを抱いたお母さんが座っていました。

スポンサーリンク

車内で泣き出す赤ちゃん

その赤ちゃんが何かのひょうしに、泣き出してしまったのです。

 

隣に座っているお兄さんは「チッ」と明らかに迷惑そうな表情。

お母さんは赤ちゃんをあやすが一向に泣き止みません、

 

 

周りのお客さんもそんな状況にどうすればいいのかわからず、

社内に緊張感がはしりました。

 

おばあちゃんの救いの一言

そんな時に、たまたまお母さんの反対隣にいたおばあちゃんが一言。

 

「子どもは泣くのが仕事。ここにいるみ~んな昔は赤ちゃんだった。」

といいながら赤ちゃんをあやされたのです。

 

その瞬間、それまで、さも迷惑そうにしていたお兄さんは

バツが悪そうな表情になり、

 

お母さんや、周りのお客さんに穏やかな空気が包みました。

 

親ではない誰かが言ってあげるからこそ

その方はこの出来事にとても感動され、

「これから電車に乗るときは子どもといるお母さんの隣に座ろう」

と思われたそうです。

 

それに加えて、「この言葉は親でない誰かが言うから効果がある。

当事者のお母さん言ったら、ひんしゅくを買うでしょう」とも話されました。

 

(おわり)

 

 

この話を聞いて、

僕も電車に乗る時、子どものいるお母さんがいたら、

隣に座ってあげようと思いました。

 

座られたお母さんは嫌がるかもしれませんが・・・・・(笑

こんな優しさと助け合いができる社会を広げていきたいですね。

 

スポンサーリンク

コメント