「できる」と思えば「できる」 接し方で子どもは変わる

 
 
こんにちは、ほんだです。
 
スポンサーリンク

息子が4歳の誕生日を迎えました。
単純に「あぁ、いつのまにか4年間も一緒にいるのか」と驚きです。

妻の手作りハンバーグと手作りプリンでお祝い。

「プリン?」と思われた方。
そう、実は息子はちょっとケーキが苦手なんです。

そこで、息子のリクエストでプリンになりました。
「果たしてプリンにローソクが立つのか?」
と心配しましたが、しっかり立ちましたよ。

そして、ハッピバースデイを歌いました。

歌を歌う時の息子の笑顔・・。

ローソクを吹き消す前の笑顔・・・。

ローソクを吹き消した後の笑顔・・。

純粋な息子の笑顔がたまらなくかわいくて、

なんかウルウルしてしましました。

ふと、妻の方をみたら、
妻はしっかり泣いてましたが(笑

最近は娘が生まれたこともあり、
毎日慌ただしい生活なのですが、
そんな中でも息子はマイペースで楽しそうに
過ごしてくれているので嬉しいです。
(たまに、そのマイペースぶりにイライラすることもありますがね…)

何より、妹に対して優しくしてくれているのがすごく嬉しいですね。
「かわいいねー、よしよし」と声をかけたり、抱っこしてくれたり。

娘が生まれたばかりで息子が不安定だった時のことを思うと、
すごく変わりました。

僕たち夫婦の予想以上に、
息子はどんどん成長しているわけなんですよね。

「あの時、あぁだったから今度もそうなる」、と
言ってもそれは過去の話。

どんどん息子は成長しているのですから、
「あの時、あぁだったけど、今度はそうならない」かもしれない。

僕も息子に対して過去の記憶で
縛ってみないようにしないとなぁと思います。

親のまなざしの影響は大きいですから。

「この子はできる」と思って接するのと

「この子はできない」と思って接するのは

全然違いますから。

あたたかいまなざしを息子にかけられる自分でありたいです。

 
それでは、ありがとうございました!
 
 
 
【こちらの記事もオススメ】
 
 
スポンサーリンク
 
にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
 

コメント

  1. […] できると思えばできる できないと思えばできない 子どもへの接し方 […]