調子悪い時にするべきこと、まずはコレ!

 
こんにちは、ほんだです。
 
 
スポンサーリンク
 
 
久しぶりに、ここ数日間、精神的に不調が続いています。
 

振り返ると、不調のきっかけは2日間連続で早起きできず、
やりたいことができなかったことにある気がします。
 
 
僕にとってやりたいことが出来ないのは、
かなりのストレスのようで、
その2日間はずっと心がもやもやしていました。
 
 
たまに「調子の悪い時に限って悪いことが続けて起こる」
と耳にすることがあります。僕も今までそう思っていましたが
今回の体験で少し違うような気がしました。
 
 
「悪いことが続く」のではなく、
「悪いと感じることが続く」のではないかと思います。
 
 
例えば、自分の前を走る車のスピードが遅かった場合。
 
調子の良い時は「あらあら、ゆっくりだなぁ」と思うのに、
調子の悪い時は「遅い車だなぁ、なんてタイミングが悪いんだ」
と思ったりします。
 
 
なので、たとえ実際に起こることが同じであっても、
調子が悪い時は「悪いことと感じること」が増えるので
結果として「悪いこと」が増えているように感じるのではないでしょうか。

 

実際、僕自身振り返ってみると、ここ数日間
普段は何でもないようなことに怒ったり、悲しんでいた気がします。
 
 
まだ僕の心の調子は戻っていませんが、
調子の悪い自分を感じながらゆっくりと癒している最中です。
 
 

真面目な人ほど、調子の悪い時にも
「こんな自分はダメだ!!自分はもっと頑張らないと!」
と自分を否定したり奮い立たせようとしてしまいがちですが、
やめた方がいいのでは、と個人的に思います。
 
 
なぜかと言うと、それで調子が戻らなかった場合に、
できない自分をさらに否定したり傷つけてしまうことがあるからです。
 
また、原因がわからないままなので、
結局時間が経つと同じことを繰り返してしまいやすいです。
 
 
そこで、調子の悪い時は、
調子の悪い自分をただしっかりと感じることが
大事なのではないかと思います。

ただ、何も考えずにゆっくりと深呼吸する・・・。
 
 
 
深呼吸していると、
身体のどこかに違和感を感じることがあります。
(なんとなくズキズキしたり、もやもやしたり)
  
今度はその違和感のあるところに意識を向けて深呼吸します。
少しずつ少しずつその違和感が癒されて少なくなっていくでしょう。
(痛みがなくなるまでには数日かかることもあるので焦らないことが大事です。)
 
 
深呼吸しているうちに何か原因となるものが
浮かんでくることもあるかもしれません。
 
   
身体は心のサインが現れます。
心と同様に大切にしてあげたいですね。

【こちらの記事もオススメ】

「不満が多い人の正体」 他人への不満=〇〇への不満
  こんにちは、ほんだです。       「自分はここまで頑張ってるのだから、 相手も自分のようにこれくらいは頑張ってほしい」 と、他人に対して不満な気持ちが出る時があります。 そ...

 

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ おむつなし育児・ECへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 調子悪い時にするべきこと、まずはコレ!   こんにちは、ほんだです。  … […]